読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

QJKJQと電子書籍の話

久々に更新します。

 

読書が好きな人はたくさんいると思います。

私もその1人である。

 

しかし、縦のものを横にもしない私はハードカバーの本が重たくて苦手である。

好きな作家の本はハードカバーでも持ち歩き読むが、本屋で偶然見つけた本をハードカバーで買うのは避けてきた。

 

そんな私は現代の便利道具に頼ることを選んだ。それが電子書籍

 

電子書籍が出た当初は「は?本は本で読むものだろダボ!」と唾棄すべきものと考えていた。

 

使ってみるとその快適さに惹かれてしまった。

暗いところでも読める。

ハードカバーよりもずっと軽い。

これが大きいですね。読み心地も気になると思いますが、ライトや画面の色も黒や白、本に近い白色など選択できるので、長時間読んでも疲れるなどということは感じませんでした。

 

今回初電子書籍で読んだのがこちら!

佐藤究さんのQJKJQという作品。

 

殺人一家の娘が主人公。

そして、ジャンルはミステリ…?

プロットが全く想像つかないですね。

 

プロットが気になり、また、有栖川有栖さんが絶賛していたこともあり読んでみました。

 

ミステリとしては好きなジャンルではありませんでしたが、こういうのもありなのかというのが感想です。

 

ミステリとは普通事件があり、それを探偵役がパズルをはめていく形で物語が進みます。

 

この作品はパズルがある程度できている状態から逆に崩れていき、最後に残ったものが結末。

 

倒叙系とはまた別の分類であると言えます。

斬新なプロットでとても楽しく読めました。

 

ミステリにマンネリした方には刺激になるかもです。

 

気になる方は是非

 

QJKJQ

QJKJQ