ひぐらしのなく頃に

気付けば蝉の鳴き声が聞けなくなり、夏の終わりを迎えたなと思う。

 

私はアニメやゲーム、漫画が好きである。

オタクと呼べるほどではないが、この趣味で一晩話すことができるくらいには好きだ。

 

アニメにハマりだしたのは大学生になってからなので、歴としてはまだ浅い。

きっかけとなったアニメはエンジェルビーツという作品。この内容などについてはまた今度。

 

今回はタイトルにあるようにひぐらしのなく頃にという作品。調べてみるとアニメが放映されていたのは2006年。10年前とは驚きである。

というのも、少し前にvitaのゲームが出たのでてっきりもう少し最近の作品かと考えていたからである。

 

この作品を名前は聞いたことがあるという方は多いと思う。ただその理由はグロテスクやホラー系でという理由であろう。かくいう私も観る前はそのイメージを持っていたものだ。

 

この作品は簡単に言うと、ちょっぴりホラー、グロを含んだ殺人などの事件を最終的には友情などの綺麗事が解決していく物語である。

 

正解率1パーセントと銘打ったのはミステリ好きとしては少々気になるところである。これはミステリとは呼べないトンデモが多すぎる。
ミステリとして観ることはお勧めできない。

 

私が惹きつけられたのは、作品の内容もさることながら、狂気を孕んだ作画や、それを損なうことなく演じた豪華な声優陣である。

声優やホラーな作画が好きな方は是非観て頂きたい。

 

内容を重視する方は、ゲームのひぐらしのなく頃に粋をお勧めする。

これは今までのゲームのシナリオを全て入れ、それにプラスしてオリジナルシナリオが入ったボリュームのある仕上がりである。私がクリアにかけた時間は200時間と少し。暇人にしかできない最強ボリューム。

嬉しいのはフルボイスという点。たまに気に入ったシーンをプレイし直すくらいにナイスな演技である。ショットガンの辰の迫力は今でもお気に入り。

 

夏の終わりではあるが、夏の思い出にこの作品を観るの一興。

 

 

口下手の魔術師 モニカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅で必要なのは語学力?それとも…

いざ旅へというとまず出てくる問題として外国語がある。

 

だが、それを身につけようとする前に、異国で外国人と話す勇気を身につける必要があるとは考えたことはあるだろうか?聡明な貴兄は「当たり前だろ?阿呆か?」と私を罵ることだろう。甘んじて受け入れよう。言われるまでもなく私は掛け値なし、ドのつく阿呆である。

 

旅行であれば大抵1人ではなく誰かと一緒であるので、さほど感じることはないのかもしれない。(個人的に旅と旅行の区別は予定が立っているかどうかとしている。)

 

これが1人になると急に襲ってくるのである。

語学に自信があればこんなもの屁の河童と笑い飛ばせるが、私なぞのシワの殆ど通わない綺麗な脳みそでは由々しき問題である。

 

これを解決するのが飲み屋へGOである。

これは私がアジア1人旅で得た教訓の1つである。

日本であれどこであれ、飲み屋は会話が飛び交う場所である。私は残念ながらお世辞にも口達者ではない。

それでもお酒が入れば相応には話すものだ。

私の語学学校は飲み屋である。 

実に安上がりでストレスフリー。理想の環境と言えよう。勇気は酒から貰う。格好よさげに聞こえるがただの飲兵衛であることは否めない。

 

しかし、飲兵衛法で培える語学を侮ることなかれ!短期間であれ旅のお供とそこで出会うことも多々という戦果をあげた私が少しは保証しよう。運が良かっただけかも知れないので少しの保証で勘弁願いたい。

 

今回もそれを頼りに勉強など毛ほどもしていないが、楽天家の私はそれでもなんとかなると信じて疑わない。うむ、なんと立派な勉強したくない逃げの理由だろうか。

 

 

これから旅を考えているそこな旅の者よ。

 

 

「汝、書を捨て飲み屋へ出よ。さらば、語学力与へられん。」       モニカ

                                               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレス社会と戦う?

やはり出勤して働くのは嫌なことである。

おそらくこの意見が大多数であろう。

ブログ始めるときに会社をやめて旅へと考えて、気持ちが多少和らいだりもしたが、それでも嫌なものは嫌だ。

 

ストレス社会を生き抜くのが正義?

 

日本に限る話ではないとは思うが、見聞が狭くともやはり日本はこの考えが強いと思う。

 

スペインで労務時間が過ぎたという理由で電車車掌が客を残し運転を放棄したというニュースを見た。

これが正しいとは言わない。

が、実に羨ましい所業である。あやかりたい。

 

私は既にこの戦いを降りると決めた。

限りなく敗北に近い勝利を収め、勝鬨を上げんとしている。

 

では、実際戦い続けた人の勝鬨は上がるのか?

 

今のご時世安定など難しいのなら、こちらから捨ててしまおう。

 

決意を固めたモニカ

 

本をプレゼントていうのは実際どうなのだろうか

今週のお題「プレゼントしたい本」

 

学生時代に譲っても余るようなモラトリアムパラダイスを趣味に費やした私は後悔こそしないものの、やはり些か勿体ない気がしてならない。

 

その費やした時間の中に読書がある。

ジャンルは主にミステリ。幻影城を読むほどのマニアではないがそれでも好んでよく読んだものだ。

 

ただ、ミステリをプレゼントとは少し違うと思う。しかし、それでもお勧めするのだから読めと押し付けたい本がある。

 

一口にミステリと言ってもその中にさらに細かくジャンルがある。

 

私はクローズドサークル。これは外せないのだ。警察の介入などはノーサンキュー。唾棄すべき愚行であると言いたくなるほどに。

 

グダグダと言っているが基本的にはクローズドサークルであれば垂涎ものという悪食の私。

しかし、クローズドサークルでも倒叙ミステリ。お前はダメだ。

フーダニット。ハウダニット。これを楽しみにに読む故にこれが明かされて始まり、その先の心理戦メインでやはり頂けない。

 

こんな限定されたジャンルの中だが、押し付けよう。

綾辻行人さんの館シリーズ

ノックスの十戒?二十則?そのような縛りは新本格ミステリにはもはや無用の長物。

 

この館シリーズの舞台となる館にはある仕掛けがある。それを疑いながらも展開されていくシナリオ。そして幾多の殺人。犯人と共に館にいるしかない状況。探偵役が手も足も出ないなか、人が次々と退場する不安。布石をありありと出しながらもそれを布石と思わせない巧みな文章は圧巻。

 

本の内容はジャンルがこのようなものだとしか伝えられない。あとは読めばわかると叩きつけよう。

 

本の紹介には微塵もなっていないが、興味のある方は是非。

 

 

プレゼントに人が死ぬ本を嬉々として叩きつけるのは道理に合わないが、好きになってくれれば幸い。共にアヤツジストになろう。

 

ps. 館シリーズうみねこのなく頃にのBGMを聴きながら読むと恍惚の境地です。

 

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モニカ、ギターを買う

今日は仕事が休みだったので小生の趣味の1つであるギターを弾いていた。

 

その時、モニカに電流走る…!

旅へ行ったらギター弾けないのでは⁉︎

そこで前から気になっていたアンプ内蔵のエレキギターを買いに行ってきた。

 

貴兄はぞーさんと呼ばれるギターをご存知だろうか?

見た目が言われてみればぞーさんのZO-3ギター。

私もギター歴がまだ4年の若輩者。

ギターアンプ内蔵といえばぞーさんだと考えたが調べれば他の種類もあり、迷った挙句今回私の記念すべき2本目ギターとして選んだのが豚さんである。

ピグノーズというメーカーらしいがよくわからない。歴の浅さが露顕するがこれは隠すことでもない。私が一番よく知っている。

f:id:monica3124:20160915153837j:image

 

 これがピグノーズのトラベルギター。

手持ちのストラトと比べると確かに小さく軽い。

お気づきだろうか?このギターpignoseというだけあってツマミが豚の鼻を模している。

かわゆいではないか。この鼻を引っ張ると歪みのある音がギター本体から鳴る。

そして試奏してみてビックリだが、こいつなかなかうるさい!笑

それでも尚これを選んだのには、この豚さんギターにはイヤホンを直にさすことでイヤホンプレイが出来るとのこと。

下手な私はイヤホンをアンプにさしてシコシコ弾くことが多い。これは嬉しい。

 

値段も安く、音作りなんていらない。豚さんの音しかならない豚さんギター。

 

今更だが2本目にこれはどうなのだろうか笑

 

旅のお供に豚さんギター。ロマンがあるではないか

 

 

 

 

 

人間は9つのタイプに分かれるらしいです。

今日帰りの電車内の広告でふと目に留まったものがある。

 

人間は9つのタイプに分かれる。見出しは確かこんなもの。

 

就職活動のときにこの類のものを多くやらされたが、私はどれも楽天家で表情を表に出さず、何を考えているか分かりづらい人。雑に言えばこんな感じだった。

 

ビリギャルを書いた人の性格診断の本が出版するらしく、それに伴ってネットで簡易的な診断ができるとあったので座興でやってみたらやはり楽天家とでた。

「人間は9つのタイプ 診断」と検索すれば出てくるので試してみてはいかが?

さて、阿呆の楽天家はどうすればよいのだ?気になるが本を買う気はない天邪鬼にアリアドネの糸を!

 

我、蜘蛛の糸とアリアドネの糸両方を所望する。 モニカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

支離滅裂ラーメン

つい先ほど旅に出る云々と抜かしたが

唐突にラーメンの話がしたい。

 

諸君!私はラーメンが好きだ

諸君! 私はラーメンが好きだ。

諸君! 私はラーメンが大好きだ。

と、どこかのヴァンパイアが闊歩する世界の少佐が言ってた気がする…気のせいかもしれない。

 

何を隠そう私もその1人である。

その原因は雷。

世界仰天であるような雷に打たれてなんて話でなく雷というラーメン屋でアレを食べたのが理由。

 

かれこれ四年くらい通っているか…週1かあるいは2、多い時で3回。血となり肉となり、多くは脂になる。あまり考えたくはないからここは割愛させて頂く。

 

雷本店。千葉県の北松戸駅から歩いて5分かからないくらいのところにある。

雷 本店

食べログ雷 本店

Vジャンプの攻略本ではないが、ここから先は君自身の目で確かめて!と濃厚醤油豚骨がシルエットになってる絵を袋とじに挿絵したい。

この店の雷豚そばは素晴らしい。

日本を発つのに惜しべきは雷豚そばが食せないこととアニメが観れなくなること。

 

雷本店店員は俺が食わせてやってる。

とほざかせてもらう。

 

血は水よりも濃いが脂より薄い。 モニカ